トライアスロン・陸上競技・サッカーの専門通販サイト

トップページ | マイアカウント | お問合せ | 支払い方法 | 配送方法・送料 

【Orca Wetsuits 着用時の注意点】

※ 爪や鋭いものには十分注意しながら着用をお願いします。(お客様の不注意による不具合は返品不可)

1. スーツを着用する際に靴下を履いたまま着用すると足がすべりやすくなり、着用しやすくなりますので、着用後に靴下を脱ぐようにしてください。

2. スーツを着用する際にはふくらはぎから着用し、スーツのひざの中央部分がひざの関節に来るようにしてから腰まで着用してください。それから股関節部分が完全に上がるように(フィットするように)着用します。下半身を正しく着用することによって上半身が違和感を感じなくなります。

3. 腕の部分を十分に引っ張ってスーツが体の部分を完全に覆うようにします。

4. スーツの背中の部分を完全に上げて着用しないと首前の部分が苦しくなり呼吸しにくくなります。

5. 脇下部分は少し折れている部分があっても大丈夫です。

6. チャックを上げる際にはできるだけ他の人に手伝ってもらうようにしてください。チャックがきれいに上がっている状態かを確認し、競技が始まる前にちゃんと着用できているかどうかを泳ぎながら確認します。もしチャックの部分が折れていたりしたまま競技に出るとその部分が擦り剥いて傷が出来ます。

7. スーツが小さいと体が縛りすぎている感じを、適度ならちょうどいいフィット感を受けます。

8. 競技に臨む前に何回かスーツを着用して泳いでみた方が良いです。特にフルスーツの場合は強くおすすめします。

9. 競技が始まる前にスーツを着用し、泳いでみてください。

10. 天気がよく、暖かいときはウォーミングアップが終わったらスーツを腰まで下ろして待ちます。下ろさないでそのまま着用し続けていると体温が上がりすぎる可能性があるため、競技が始まる1〜2分程前に完全に着用するようにしてください。

11. 泳ぐ前には安静し、ゆっくりスタートするようにして、スーツに慣れるようにしてください。

【脱ぐとき】− 逆方向に脱ぐようにしてください。

1. 泳ぎが終わった後、陸に上がった際に、スーツが濡れている間に脱いだ方が脱ぎやすいので、せめて腰までスーツを下ろしておいてください。次の種目に移動する際にはスーツの外部が乾燥するため、脱ぎにくくなり、時間がもっとかかってしまう可能性があります。

2. 足首にボディローションみたいなものを塗っておくともっと脱ぎやすくなります。

2012/01/03 i-sports.biz